ウィッグのお手入れ方法とメンテナンス方法は?

ウィッグを長持ちさせる毎日のメンテナンス方法
ウィッグを長持ちさせる為には毎日のメンテナンスが必要不可欠です。
毎日行う方法なので難しい事や複雑なメンテナンスでは続きません。
今回はすごく簡単な方法をご紹介します。
着用した時にはもちろんの事着用してない時にも行って欲しい方法はウィッグ全体を専用のブラシで梳かして頂く事です。
この時に注意して頂きたい事は静電気をなるべく起こさせない事が必要です。
その為にはウィッグ専用スプレーを使う事をおすすめします。
梳かすためのブラシもウィッグ専用ブラシがおすすめで通常のブラシとは違いウィッグの絡まりを防いでくれます。
梳かす際にも注意が必要で、毛先の方から順番に無理に梳かさずに徐々に絡まりを取る感じで全体を梳かして下さい。
長期間着用しなかった場合の着用前のお手入れ方法
長期間着用していないとウィッグがペタンとしてしまいボリュームが無くなってしまいます。
ボリュームを戻すために一番簡単な方法はウィッグを持ちさかさまにして優しくウィッグを振って下さい。
これだけでウィッグの毛と毛の間に空気が入りボリュームが蘇ります。
それでもボリュームが足りない場合は霧吹きなどで少しだけウィッグを濡らして下さい。
濡れたウィッグにドライヤーの弱い風を当てながらヘアースタイルを整えて下さい。
理想のスタイルになった後、最後に専用ブラシで全体を毛先から順番に梳かして整えて下さい。
無理やりボリュームを出すのに逆毛を立てたりハードスプレーなどで固めたりはしないで下さい。
絡まりの原因となり、ウィッグ自体がダメになってしまう場合が有ります。
整髪料も出来るだけ固まるタイプの整髪料は使用しない方が良いです。
専用のスプレーが有りますのでそちらを使用して頂く事をおすすめします。
着用して汗をかいたり汚れてしまった際のシャンプー方法
ウィッグを着用してお出かけをした際に汗などを書いてウィッグが汚れた場合には地毛の様にシャンプーをする事をおすすめします。
ウィッグのシャンプーは自分の髪の毛を洗うような同様の方法で行ってしまうと絡まってしまいウィッグを駄目にしてしまう場合が有ります。
正しいウィッグのシャンプー方法はシャワーを直接ウィッグにはかけずに洗面器などにぬるま湯をはり、その中にシャンプーを数滴たらしてシャンプー水を作ります。
そこへウィッグを優しく入れて押さえるようにしてウィッグを洗います。
この時にゴシゴシ激しく洗ったりは絶対にしないで下さい。
絡まりの原因となります。
洗い終わったら洗面器のお湯を交換して同じように押すようにしてシャンプーを洗い流します。
2回程でシャンプーを洗い流し終えたらチェンジリンスと言う方法でトリートメントをします。
チェンジリンスとは洗面器のお湯にトリートメントを梳かしてそのお湯をウィッグに手ですくいかけながら手グシで毛先の方からや差引く梳かしていく方法です。
チェンジリンス後は再度洗い流す事はしなくてそのままタオルで優しく抑えるように水分を拭きとって下さい。
そのままウィッグスタンドで自然乾燥又はドライヤーの弱い風で乾かして下さい。
専用ウィッグスタンドは下記でお求め頂けます。

組み立て式ウィッグスタンド 3点セット かつら台

ウィッグのお手入れ方法傷んだ所やアレンジのためのカット
ウィッグを使用しているとどうしても毛先が傷んできます。
その際に毛先をカットすると言うメンテナンス方法もあります。
専用ウィッグスタンドにウィッグを取り付け自分でカットする事も出来ますが失敗するかもと言う不安はあります。
多くの美容室ではウィッグのカットも可能ですので予約の際にウィッグなんですけどカットして頂けますか?と聞いてプロにカットを依頼する方法もおすすめです。
その際にはどうせカットをするのでスタイルチェンジをお願いするのも良いです。
ロングヘアーウィッグならば多数のヘアースタイルにする事ができます。
思い切ってショートヘアーにする事も可能です。
傷んでいなくてもヘアースタイルに飽きた際のアレンジ方法としてカットする事もおすすめです。
ウィッグのヘアーアレンジの方法はどんなのがあるの?
ウィッグはただ着用するだけではなくヘアースタイルをアレンジして着用する事も可能です。
毎日着用する場合は特に毎回同じでは飽きてきてしまいますし周りにもバレるリスクが増えてしまいます。
その為には簡単なアレンジをして着用時のヘアースタイルの幅を広げましょう。
例えば、ロングヘアーウィッグの場合はアレンジ方法も豊富でハーフアップなどは特におすすめです。
襟足の毛まで上げてしまうフルアップでは襟足付近からウィッグという事がバレてしまう可能性がありますが、ハーフアップならばバレる心配も無く、ハーフアップの際のアップする毛の量を調整すれば多くのあれんじが可能です。
また、アップをする位置も真ん中や左右など変えるだけでも印象が変わりますのでアレンジは豊富に出来ます。
他には簡単方法として小物使いです。
ピンを使ってボリュームを抑えてみたり毛流れを意識してみたり、ワンポイントの飾りを付けるだけでも印象は変わります。
毎日同じヘアースタイルでは無く少し変えるだけで印象を変える事ができるのでまずは小物を使ってアレンジに挑戦する事はウィッグアレンジの達人への第一歩です。
ウィッグと長く付き合う為にメンテナンスとアレンジ方法は必須
毎日ウィッグを着用する人は特に毎日のメンテナンスやお手入れ、それに加えてバレない為にもヘアーアレンジは必要です。
ウィッグでお洒落を楽しむ為にも正しいケアの方法やアレンジ方法を身に着けて快適なウィッグライフをおくりましょう。
間違った方法でのメンテナンスはウィッグを駄目にしてしまう事もありますので注意して下さい。
せっかく良いだろうと思って行っていたメンテナンス方法も逆にウィッグにとっては駄目な行為もあります。
着用していない時や着用後のお手入れ方法、カットの方法など今回は簡単な方法をご紹介させて頂きましたが、より詳しく知りたい場合には購入ショップや美容師さんに聞くのも良いです。
また、ウィッグ自体も品質の良いウィッグを選ぶことも重要で品質が良くないとメンテナンス方法を正しく行っても追いつかない場合もあります。
そこでおすすめなのは下記ウィッグです。
ナチュラル柔らかショートボブ 人毛フルウィッグ
医療用ウィッグで品質は確かですし何といっても価格が良心的で非常におすすめです。
稀にセールも開催していますので運よくセール開催期に出くわしたらラッキーですね。