抗がん剤や脱毛症等でバレないと評判の医療用ウィッグとは

医療用ウィッグと普通のウィッグはどう違うの?

まずは一般的なウィッグですが、ファッションの一部に取り入れたり白髪染めをするまでの白髪隠しやコスプレをする際や催し物等で使用するかつら全般の事です。
女性用ウィッグ、男性用ウィッグ、かつら、部分ウィッグ、トップカバー、トップピース等とも呼ばれているかつらの総称ですね。
基本的にはネット、通販、店舗等どこでも購入できるウィッグがそうですね。
医療用ウィッグとは違いファッション重視で作られており、ウィッグへの毛の植え方は機械で植える方法が多いです。
植える毛髪の材質は人工毛が殆どです。
人工毛は人毛に比べ艶がありすぎるので少し違和感が出てしまうかつらも多いです。(コスプレ等では逆に良いかもしれませんね)
人工毛に機械植えで大量生産可能なかつらが多いので価格的には非常に安いウィッグもあります。
全般的に見ても価格は比較的安値で販売されています。
毛髪を植えてある土台のネット部分は比較的通気性を重視するので目が粗く直接頭皮に触れると刺激を感じてしまいます。

医療用ウィッグは一般的なウィッグとは少し違い病気や怪我等でかつらが必要な人の為に作られています。
頭皮に当たっても柔らかいネットを使用したり髪質も人毛で自然に見える様に工夫をしてあり、人毛を1本1本手植えで丁寧に作られています。
分け目、つむじ等も肌色の人工スキン(人工的な頭皮)で見られても自然な工夫がされているので、周りにバレないウィッグとなります。
また、抗がん剤治療等の脱毛した状態から生えてきた時にも対応出来るようにアジャスターが付いている医療用ウィッグも多いです。
人毛を使っているのでヘアアイロン、ドライヤー等も今までの自分の髪の毛の様に扱えます。

医療用ウィッグ(人毛使用)ってどのようなものなの?

男性、女性共に脱毛症や抗がん剤治療等で外出時の髪問題…色々と悩んでいる人が多いと思いますが、帽子や一般的なウィッグではなくバレない医療用ウィッグについて掘り下げていきましょう♪
人毛を使用した医療用ウィッグについてのメリットとデメリットを知って自分には医療用ウィッグの中でもどれが合うのか考えましょう。
人毛使用と言っても切ったままの人毛を使用しているわけではありません。
切った人毛を一度脱色やカラー等と共に特殊加工(メーカーによって異なる方法)を施して手触りや艶感、質感等を均一にしてご自身の髪と変わらない状態にしてから手植えで仕上げてあります。
見た目も自分の髪の様に分け目やつむじも作ってありフルウィッグ、部分ウィッグ共に自然で周りにバレない様に脱毛を上手に自然に隠す事が出来ます。
医療用ウィッグは人毛使用なのでパーマやカラーリングも可能でスタイルチェンジも可能です。(もちろんカットも可能です)
ドライヤーやヘアアイロンも通常と同様に使用できるのでカールスタイル等のヘアアレンジも可能です♪
ただ、人毛であるが故に自分の髪の毛同様傷みやすいので適度なお手入れが必要となります。
人毛加工時に脱色処理もしてあるのでカラーの退色も長期使用していると気にはなってきますので染め直し等が必要です。
人工毛(ファイバー等)に比べると人毛使用の医療用ウィッグは少し重いので長時間着用すると疲れる場合が有ります。
自然でバレない人毛使用の医療用ウィッグは数あるウィッグの中でも特におすすめのウィッグです。
医療用ウィッグのメリットとデメリットを理解して外出を楽しみましょう♪

医療用ウィッグには特別な人工毛を使用したウィッグもあるんです!

医療用ウィッグには人毛では重たくて「疲れてしまう」、「あたまが痛くなってしまう」と言う人も多くそんな人に評判の人毛ではなく特別な人工毛を使用した医療用ウィッグもあるんです。
人工毛と言ってもファイバーの様に化学繊維を使用した人工毛では無く髪の毛と同じたんぱく質で作った人工毛があるんです!
たんぱく質で作ってあるので自然な艶感でウィッグだとバレません。
更にたんぱく質を使用した人工毛と人毛をブレンドした良いとこどりの医療用ウィッグもあります!
カラーも豊富で人毛使用よりも軽く価格的にも少し安値に設定されているので気軽に購入でき長さや色違い等をそろえやすいですのでおすすめ医療用かつらです♪
ただ、手触りはウィッグよっては人毛のみより少し違和感があるかもしれません…

バレない医療用ウィッグは魅力的だけどやっぱり価格が気になる…

抗がん剤治療や脱毛症等色々と費用も掛かるのでそこまで高額なウィッグは…と言う人も多いと思いますが、大丈夫です。
医療用ウィッグの一般的な価格は二万円程~数十万円するウィッグが殆どで更に安いウィッグですと重たい物や違和感があるものなのでは?と思うのですが、しっかりと選べば2~3万円代のウィッグで十分なウィッグも多数あります。
選ぶ基準として皆さん口コミやランキング等の評判をみて決めていると思いますが確かに重要な要素で参考にして頂ければ良いのですが、ご自身の使用方法や自分にあっているのかが最重要となります。
また、殆どの医療用ウィッグには1週間程度の返品期間も設けてありますので商品がご自身にあっているなと思ったらとりあえず試してみると言う気持ちで自分にあったウィッグを見つけるのも方法の一つです。
数ある医療用ウィッグを扱っているショップの中でもおすすめの医療用ウィッグを扱っているのは【オリエンエックス】という所は価格と性能の面でおすすめですよ♪
なんといってもウィッグだけでなくお手入れ商品も一緒に取り扱っているので購入したウィッグも長持ちしますね!
たまにセールもしていますのでセール期間中は特にねらい目です!

医療用ウィッグのお手入れ方法って難しいの?

ウィッグのお手入れ方法って悩みますよね。
自分の髪の毛ならばお風呂に入る時に毎日シャンプーしますがウィッグとなると「どうなんだろぅ?」って思いますよね。
基本的には毎日シャンプーをする必要はありません。
汚れてきたな、匂いがしてきたな(匂いがする前が良いのですが…)、アメって(脂でペチャっとして)きたなと思ったらシャンプーして下さい。
毎日数時間使用して1週間に1度程度、毎日半日以上つけっぱなしの場合は3日に1度程度シャンプーする事をおすすめします。
医療用ウィッグのシャンプーの具体的な方法もご紹介します。

1.ウィッグ専用のブラシで毛先の方から順番に少しづつ絡まりやほこりゴミ等を取り除きます。
必ずウィッグを溶かす場合はウィッグ専用ブラシを使用して下さい。
他のブラシを使用しますと余計絡まり損傷の原因となり最悪ウィッグを駄目にしてしまいます。
こちらの商品が安くて機能的にもおすすめです。

2.洗面器等に水を溜めてシャンプーを水に溶かし泡立てます。
ウィッグを洗面器へ入れて絡まらないように押し洗いをします。
匂いがキツイ場合は一度流して新しい水にシャンプーを溶かし裏返してネット部分を押し洗いして下さい。
すすぎもシャワーで直接洗わずに洗面器に水を張って押して泡が無くなるまで数回すすぎます。

3.すすぎ終わったらトリートメントなのですがチェンジリンスと言う方法をお勧めします。
洗面器に少なめの水又はぬるま湯にトリートメントを溶かして洗面器にはウィッグを入れずに洗面器の上でトリートメントが溶けた水をかけながら手櫛で絡まりを少しづつ取っていきます。
チェンジリンス後はすすぐ必要はありません。

4.タオルで軽く叩くようにウィッグを拭き水分を取ります。
この時絶対に自分の髪の様に擦らないで下さい。押さえて叩くだけです。
ウィッグスタンドにウィッグを取り付けてドライヤーでスタイリングしながら乾かして下さい。
この時痛みが激しく絡まりがあるようでしたら洗い流さないトリートメント等を付けてから乾かすとより良いです。
ウィッグスタンドはこちらが可愛くインテリアにもなりますし邪魔ならばたためて便利です♪

結局の所医療用ウィッグはどれがおすすめなの?

色々とご紹介をしてきましたが、一番のおすすめの医療用ウィッグは人毛を使用したウィッグで分け目やつむじが作ってあり自然なウィッグが良いですね。
更に長時間着用する人にはその中でも軽いウィッグがお勧めですね♪
ご自分の条件を満たした医療用ウィッグで価格的にも負担にならないウィッグなら本当に最適ですね。
脱毛は親しい人にも中々言えない悩みで治療やその他色々な事で悩んでいる人も多いと思いますがご自分に最適なウィッグを見つけて外出が楽しくなって毎日をハッピーライフに出来たらなと思います。
医療用ウィッグってイマイチよく分からない人へお役に立てたらなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です